夜でもお金は借りられる!夜の即日融資について

すぐにお金が必要だけど、仕事が終わってから契約などをしたいから夜間になってしまう方、安心してください。
消費者金融の即日融資は夜間でもお金を借りることが可能です。
消費者金融の契約手続きは本審査が21時まで。
この時間までに審査を受けることができれば即日融資でお金を借りることができます。
21時を過ぎてしまうと残念ながら当日中にお金を借りることは難しいですが、翌日は朝8時頃から契約業務はスタートしますので、最速でも翌日の朝には手続きが可能になります。

 

では、21時までに契約ができた場合、即日融資はその後何時までお金を引き出すことができるのでしょうか?

 

夜間に即日融資する方法

契約が完了して、夜間にお金を借りる方法はいくつかあります。

・コンビニATMなどでキャッシング
・店舗のATMでキャッシング
・振込キャッシング

基本的にカードを発行してもらっていれば、24時間提携銀行のATMでお金を借りることができます。
キャッシング店舗のATMの場合は24時間のところと深夜0時までのところなど、それぞれ場所によって営業時間が違うので前もって確認する必要があります。
夜間であれば銀行ATMの利用が確実ですね。
ただし、銀行ATMの場合は手数料がかかります。
店舗ATMから借りる場合は手数料は無料なので、手数料のことをしっかり考えた上で銀行ATMを利用しましょう。

 

もうひとつの振込キャッシングですが、こちらは通常の銀行口座では夜間は対応していません。
それについてはもう少し詳しく説明します。

 

夜間も対応している振込キャッシングは?

振込キャッシングは、自分の口座にお金を振り込んでもらえるキャッシング方法。
自分の口座からなので、誰かに気づかれることもなく非常に便利ですよね。
しかし、夜間となると振込キャッシングは少し不便になります。

 

振込キャッシングは、普通の口座の場合、通常の銀行振込と同じ時間帯にしか振込してもらうことができません。
夜間の場合は振込キャッシングをすると翌日の営業時間に自分の口座に振り込まれるということになります。
これでも間に合う人はいいのですが、今手元にお金が必要な人にとってはこれでは遅いですよね。

 

こういう時カードを使ってATMなら場所や時間を選ばず便利なのですが、カードが手元にない場合はそういうわけにも行きません。
そんな時夜間や土日祝でも対応しているのは、ネットバンクです。
ネットバンクと提携している消費者金融の場合、その口座に対してのみ24時間365日振込キャッシングに対応しているところがあります。

 

プロミス

三井住友銀行かジャパンネット銀行なら、24時間365日最短10秒で振込可能

アコム

楽天銀行なら、24時間365日最短1分で振込可能

 

すでにネットバンクを持っている方は、はじめからこのような振込キャッシングのサービスがある消費者金融を優先的に契約した方が後々便利です。また、今ネットバンクを持っていない方も、後々非常に便利になりますので念のため作って置くのもいいと思います。
振込キャッシングは非常に便利ですが土日祝や夜間対応していないというのが最も不便なので、ネットバンクさえ開設していればそれらのデメリットも回避されると思います!